STAFF

Chef de cuisine
館岡 武士 Tateoka Takeshi

1978年生まれ、小樽市出身。小樽、札幌のホテルで修行した後、2003年単身渡仏。パリ、コートダジュールで経験を重ね、ロアンヌのトロワグロを経て、2010年帰国。2016年11月『TATEOKA TAKESHI』をオープン。

言葉も話せず、住まいも決めず、フランス料理を学ぶという目的だけを持って、単身フランスに渡ったあの日から、僕の旅は続いています。
このお店のコンセプトとして「本質」というものを強く訴えているのは、旅の途中で時折見かけた『背景を理解されずに、料理をされてしまった素材たち』の存在でした。本来の可能性を閉じ込めてしまっている、ということに悔しさを覚え、料理人としては当たり前である「素材を理解する」ということを、こんな豊かな時代だからこそ、大切にしてゆきたいと強く思ったのです。
TATEOKA TAKESHIは、器一つ取っても、従来のフランス料理店とは雰囲気が違うでしょう。フランス料理のイメージを覆す新鮮な驚きと共に、大地の力強さや、自然の香りを感じていただき、お客様一人一人に、新しい価値観を持っていただけるお店になるように、本質を大切にする料理を表現し続けたい、そして進化し続けたい、そう思っています。

Sommelier
松村 彩夏 Matsumura Ayaka

TATEOKA TAKESHIは、料理とのペアリングが楽しめるワインがとても豊富。ヴァンナチュールをはじめ、個性豊かなワインたちが料理を彩ります。
ワインにはひとつひとつに物語があり、知れば知るほどに奥深く、新鮮な発見や喜びに溢れています。知識を積み重ねていく楽しさを、ソムリエとして働きながら日々感じる毎日です。
大学時代のアルバイトから始まり、飲食業を生涯の仕事として選び働いている私にとって、一番の喜びは食事を楽しむお客様の笑顔に出会うこと。
いつの日か自分の店を持つことを夢見て、本場で培った技術と経験のある館岡シェフの元で働きながら、多くのお客様の笑顔に出会えることを毎日楽しみにしています。

Service
武田 隼人 Takeda Hayato

卒業以来飲食業を続けていた私は、いつしかフルコースを出すレストランで働くことを夢見ていました。転職先を探す中、リサーチで訪れたのがTATEOKA TAKESHIです。
テーブルに運ばれる料理の美しくも自由な盛り付け、素材ひとつひとつへのこだわり、職人の丁寧な仕事がうかがえる器など、細かなディティールにも徹底的に追求する姿勢にすっかり心を奪われました。
まだまだ日の浅い私ですが、接客で大切にしていることが2つあります。1つは、お客様の表情や雰囲気を読み取り、何を求めているかを、先回りして行動すること。もう1つは、厨房にいるシェフにホールの様子を伝えていくこと。
いずれも居心地の良い店作りをするために大切なことだと、館岡シェフの仕事に対するストイックな姿勢を目の当たりにし、改めて実感しています。
現在はソムリエを目指して勉強中。ワインと料理に向き合いながら交わすお客様との会話も、私の大切な糧となっています。

PAGE TOP