STAFF

Chef de cuisine
館岡 武士 Tateoka Takeshi

1978年生まれ、小樽市出身。小樽、札幌のホテルで修行した後、2003年単身渡仏。パリ、コートダジュールで経験を重ね、ロアンヌのトロワグロを経て、2010年帰国。2016年11月『TATEOKA TAKESHI』をオープン。

言葉も話せず、住まいも決めず、フランス料理を学ぶという目的だけを持って、単身フランスに渡ったあの日から、僕の旅は続いています。
このお店のコンセプトとして「本質」というものを強く訴えているのは、旅の途中で時折見かけた『背景を理解されずに、料理をされてしまった素材たち』の存在でした。本来の可能性を閉じ込めてしまっている、ということに悔しさを覚え、料理人としては当たり前である「素材を理解する」ということを、こんな豊かな時代だからこそ、大切にしてゆきたいと強く思ったのです。
TATEOKA TAKESHIは、器一つ取っても、従来のフランス料理店とは雰囲気が違うでしょう。フランス料理のイメージを覆す新鮮な驚きと共に、大地の力強さや、自然の香りを感じていただき、お客様一人一人に、新しい価値観を持っていただけるお店になるように、本質を大切にする料理を表現し続けたい、そして進化し続けたい、そう思っています。

Director/Sommelier
渡邉 駿 Watanabe Shun

新潟県新潟市出身。レストラン ラ ブリック、ル ヴァンテールを経て現職へ。

20歳の頃、飲食業をやっていた友人に「理屈っぽい性格だから、ソムリエがあっているんじゃないか?」と言われたのがこの仕事につくきっかけでした(笑)。確かに、[美味しいと感じたもの]の背景を調べ、どうして美味しいのかを考える作業は、僕にぴったりでした。原材料は全て葡萄なのに、こんなにも味に幅のある飲み物はワインしかありません。時間の経過や、グラスの種類一つで表情を変えるワインは、難しい相手でもありますが、この楽しさをぜひ、みなさんにも味わっていただきたいと思っています。
今は料理に合わせてワインを選んでいますが、僕自身の知識をさらに深め、ワインに合わせてシェフが料理を作る・・・・それが僕の夢です。

PAGE TOP